大澤久次郎陶苑


ホーム 店舗案内


 犬山焼はおよそ300年前の元禄の頃、丹羽郡今井村、現犬山市今井の郷土奥村伝三郎が宮ヶ洞に窯を築き瀬戸風の飴、黒色の鉄釉織部の様な青釉を用いて焼き犬山の窯印を捺用したのが始めであります。当時の尾張犬山の城主、成瀬氏は深く之を愛してその後成瀬家のお庭焼として保護を受け発展しました。以後盛衰を経て犬山焼の特徴と言われる花楓葉、呉洲風の赤絵、犬山八景等の文様が親しまれるようになりました。




ようこそ 大澤久次郎陶苑のホームページへ!!  人目のお客様です。。。

大澤久次郎陶苑は、「One−da! Mall」に参加しています。 One-da! Mall
当社のホームページを閲覧するに当りブラウザーにはIE5.0以上を推奨致します。
他のブラウザでご覧の場合、正しく表示されない場合がございますのでご了承ください。
Internet Explorer
本WEBサイトに掲載されている画像、文章等の著作物は各提供元から使用許諾を得て、各権利者の定める規定に従って掲載をしています。いかなる場合においても無断使用は一切禁止されています。
copyright(c) 2004 Ohzawa Kyujiro Tohen